注文住宅を建てるには?完成までの流れをチェック

土地選びのポイントを知っておこう

注文住宅を作るうえで重要なのは土地です。選び抜いた土地によって、家の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。
今回は初歩的な土地探しの方法をはじめ、土地の相場や欲しい土地が見つかった時どう行動すればいいのかをご紹介します。
住みよい理想的な我が家を作れるようにするためにも、土地探しはしっかりと行えるようにしましょう。

 

土地探しをはじめるその前に

注文住宅の良し悪しを決めるのは土地と言っても過言ではないので、しっかりと選び抜くことがとても重要です。元々土地を持っている人もいますが、持っていない人の方が多いのではないでしょうか。土地探しは避けては通れないポイントとなっています。

土地を選び抜くには、一定の不動産関連の知識や法知識を持っていることが前提です。最低限知っておくべき事に「都市計画法」「建築基準法」「建ぺい率」などがあり、例え良い土地を見つけられたとしても、これらの法を理解していないと理想の形で注文住宅の発注できない恐れがあります。家を作るには、法律をきちんと理解しておくことが重要。あやふやなままで土地選びをすると、高い確率でうまくいかない場合が多いのです。

知識を蓄えるのは大前提ですが、土地選びにはその時々のタイミングにも恵まれていないといけません。これは自分でどうにかできるものではありませんが、タイミングを逃さないように土地選びのポイントを押さえておくことが大切。法律以外にも、その土地の地盤や相場価格を事前にしっかり調べましょう。

そして歩いて土地を探し回れる体力も必要です。インターネットだけですべてがうまく決まることはないので、現場に赴いて実際に土地を見て調べなければなりません。また、焦って土地選びをしないように時間を確保する必要もあります。余裕を持った状態で、様々な土地を見比べられるようにしましょう。

その前にまずやっておくべきこととして、新しい住まいでのライフスタイルを具体的に書き出し、土地に求める条件を洗い出しておくことが肝要。

たとえば、土地の面積。間取り、駐車場、庭など、どれだけのスペースが必要なのか。また間口の広さはどれくらいほしいのか、など。

そのほかにも、土地の形や立地なども思い描く新居のスタイルによって、求められる条件は異なってきます。

ただし、そのすべての条件をクリアできる土地はそうそうないのも事実。優先順位もあわせて決め、より条件に合致する土地を探すようにしましょう。

土地がなくても家作りは始められる

注文住宅を建てようと考えている人の多くは、「土地なし客」だと断言しても間違いではありません。

土地なし客というのは文字通りの意味であり、現時点で土地を持っていないけれど家を建てようと計画している客を指しています。一般的には使われない不動産業界用語なので、これまで家や土地など関係なく過ごしてきた方には馴染みがない言葉でしょう。

簡潔にいうと、土地なし客でも知識さえあれば問題なく土地を購入して家が建てられます。その場合重要となるのが不動産業者です。業者によっては土地なし客の対応に特化していない所もあります。理由としては契約までに時間がかかるからです。土地選びから始め、契約を結ぶまでには相応の時間が発生しますので、土地なし客を謙遜する業者も珍しくはありません。

対応がしっかりしていて、土地選びを全力でサポートしてくれる不動産業者を見つけることができれば、土地を持っていない人でもちゃんと注文住宅が建てられます。もちろん、持っていないからと言って何もかもを業者に任せてはいけません。基礎知識を学んだうえで、不動産業者と二人三脚で土地探しに臨みましょう。

土地が見つかったその時に

欲しい土地が見つかった場合ですが、契約を急ぐのではなくまずは一度立ち止まるべきです。土地購入は値段だけで即決する軽い買い物ではないので、契約の前には土地の所有者や地盤の状態など、事前に調べることはたくさんあります。何も確認せず契約へ進むと、場合によっては土地が購入できても家が建てられないというトラブルも起こりうるのです。自分自身で調べるのではなく、現地測量業者や役所調査に依頼をする形になります。不動産業者がサービスで行ってくれる所もあるので、そこに依頼するのもひとつの方法です。また、購入を考えている土地の所有者が分からない場合は、市役所や法務局で登記情報を調べることから始めましょう。注文住宅を建てるには、法律で決められている数多くの事柄をクリアしていく必要があります。

土地契約に焦り怠ってしまうことが多い「地盤調査」に加え、「斜線制限」「周辺環境調査」などは必ず確認するようにしましょう。この3つについて具体的に説明していきますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

斜線制限や周辺環境調査とは?

斜線制限とは、土地の周辺環境を守るために必要不可欠な制限のことです。「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」の3つから成り立っており、注文住宅を建てるうえで重要となってきます。中でも北側斜線制限は、全国均一という訳ではなく地域や土地によって異なるのでご注意。

周辺環境調査とはその土地に関する情報や周辺地域、施設や行政などのあらゆる周辺の環境を調べ上げることです。特に小さい子どもを育てている人は、教育環境などについても調べる必要があります。特に調べることもせず土地を購入し家を建てた後、住みにくい環境だと気が付いても遅いのです。後悔しないためにも、周辺環境調査は確実に行いましょう。

斜線制限や周辺環境調査は、自分で行うよりも不動産業者や専門の業者に依頼をした方が確実です。依頼をしておけば失念することはまずありませんので、欲しいと思った土地があればすぐに調査依頼をするといいですよ。

なぜ地盤調査はするべきなのか

土地を購入して、そこに我が家を建てるとなれば、必ず地盤調査を実施しなければなりません。

頑丈な地盤と軟弱な地盤とでは、家の基礎の作り方が大きく変わります。基礎は家を支える重要な部分であり、基礎が地盤に合っていないと戸建ての家は長く持ちません。さらに地震が多い日本では、大規模な地震に見舞われた際は家によっては我が身に危険が降り注ぐ恐れがあります。それだけではなく、地盤が緩いと基礎や家屋が歪んでしまい玄関ドアが開かなくなったり壁に亀裂が走ったりと問題が発生し、せっかくのマイホームも欠陥住宅になり下がるのです。

住みよい家を作るため、何よりしっかりと施工ができるようにするためにも地盤調査は必要不可欠です。地盤調査は測量業者に依頼をすると、正確な測量と詳細が記載されている報告書がもらえます。

購入予定の土地がある地域の地盤は強固であるという情報があったとしても、改めて調査を行うことも大切。良い家を作るためにも抜かりなく調査は行いましょう。

土地探しは慎重&綿密に

注文住宅で家を建てようと思い立ったら、まずは土地選びをするうえでの条件を書き出し、必要な基礎知識を身につけます。それから土地を選び、購入したい土地があれば傾斜制限の確認をし、周辺環境調査を業者に依頼。地盤調査も忘れずに行い土地を吟味しましょう。富士市は5万円台、富士宮市は3.5万円台と地価平均相場を覚えておけば、費用面も視野に入れた土地選びができますよ。あなたにぴったりな土地がみつかるといいですね。

 

-注文住宅を建てるには?完成までの流れをチェック

Copyright© 富士・富士宮で注文住宅を建てるなら1からわかる家づくりガイド , 2020 All Rights Reserved.